3M音楽祭 開催!

3M音楽祭

2017年 第2回 3M音楽祭 開催決定しました!

パンフレット 

■前橋テルサホール

日時 2017年7月30日(日)
会場 前橋テルサホール
住所 群馬県前橋市千代田町2丁目5-1 TEL027-231-3211
■茨城県立県民文化センター
日時 2017年8月19日(土)
会場 茨城県立県民文化センター
住所 茨城県水戸市千波町東久保697番地 TEL029-241-1166
■松本市音楽文化ホール
日時 2017年9月18日(月)
会場 松本市音楽文化ホール
住所 長野県松本市島内4351 TEL0263-47-2004

《3会場共通》
第一部 奇跡のシンガー広沢孝美コンサート 開場9:30/開演10:00
第二部 第一回ロシア声楽コンクール優勝記念諸田広美コンサート 開場13:30/開演14:00

入場料:全席自由/一般3,000円・学生(高校生以下)1,500円

主催/3M音楽祭実行委員会 共催/SOSキンダードルフ。ジャパン 後援/松本市・前橋市・水戸市

お問い合わせ:TEL:080-4008-8612(高城)

3M音楽祭の意義

梅雨空の合間の晴れ間がうれしい今日このごろ皆様お元気でお過ごしでしょうか。私、SOSキンダードルフというオーストリアに本部のある国際的な児童養護施設を日本に作る活動をしているところです。SOSキンダードルフ(子供の村)は1949年オーストリアのチロルに発足した非政府の児童養護組織で、世界中で親と暮らせない子供の面倒を見ています。現在SOSキンダードルフは132の国と地域にある500の子供の村で8万人を超える子供たちに家庭と同じ環境を提供しています。

その施設を日本に作るため、SOSキンダードルフのことをより多くの人に知ってもらうため、音楽祭を企画いたしました。

長野県松本市、群馬県前橋市、茨城県水戸市の3市で行う音楽祭で各市の頭文字をとって3M(サンエム)音楽祭と名づけました。松本市はサイトウキネン(現在はセイジ・オザワフェスティバル)、前橋市は日本最古の歴史をもつ群馬交響楽団、水戸市は水戸室内管弦楽団といずれも日本を代表する音楽の都です。

この3都市が北関東自動車道の開通で、より身近になりました。3市が連携して行う日本初、いえ世界初の音楽祭です。いままでの音楽イベントはその場限りで終わってしまい、経済効果もあまり期待できませんでした。それが場所を移動することによって、交通、宿泊、食事、観光等の経済効果を生じ、その土地、その土地の魅力が再発見できるというものです。

世界的な音楽評論家であった、吉田秀和先生が生前、唯一ほめてくださった企画です。記念すべき第一回の3M(サンエム)音楽祭は群馬交響楽団のソリストを中心にした「トリオ・アンファリア」です。特にピアノのユリア・レヴはロストロポーヴィチのアシスタントを務めた名手です。きっと素晴らしい演奏を聞かせてくれるでしょう。

SOSキンダードルフ・ジャパン
代表 高城賢一

【プロフィール】

広沢孝美
1989年生まれ。3歳で自閉症と診断される。小学校の頃より合唱団に参加。サントリーホールにてソロパートを歌う。
「見上げてごらん夜の星を」を歌う。
高校時代、音楽之友社の雑誌「theミュージックセラピー」に取り上げられる。
代表曲「The Feeling」をキングレコードにて収録。
東京都立板橋養護学校 高等部を卒業、生協コープ東京に勤務。現在27歳。
2015年板橋区のワールドアスリート育成支援会専属歌手に選ばれる。

諸田 広美
群馬大学卒業。東京芸術大学大学院オペラ科修了。イタリア国立ミラノ・ヴェルディ音楽院卒業。これまで、2度にわたり計5年間イタリア留学。その 間、国際ロータリー財団・群馬県・イタリア政府・安田生命QOL文化財団・文化庁より助成を得る。留学中、ミラノ・スカラ座同好会ホールでの新人演 奏会はじめ多数の演奏会やオペラに出演。2005年、オペラ『ジュリアス・シーザー』準主役で二期会デビュー。2006年、ミラノ・ロゼトゥム劇場『カル メン』主役デビュー。その後、日生劇場『利口な女狐の物語』や東京室内歌劇場『秘密の結婚』等の公演で、いずれも主要な役を務める。2011年、二 期会創立60周年記念オペラ『フィガロの結婚』マルチェリーナ役で出演し、好評を博す(演出:宮本亜門)。2013年、J.バーンスタイン(指揮)とクラウ ダー財団によりアメリカ・ロサンゼルスに招かれ、日本歌曲演奏並びに「第9」ソリストを務める。2015年、再び同地に招かれ、アラタニ劇場にて、オ ペラ『かぐや姫』嫗役デビュー。また同年、群馬交響楽団創立70周年記念オペラ『蝶々夫人』にてスズキ役を演じ、イタリアから来日したプッチーニ・ フェスティヴァルの歌手たちと共演(演出:岡村喬生)。その様子は、多数のメディアで報じられる。これまで、群馬・東京・香川にて計12回のリサイタ ル開催。2016年、新国立劇場にて、文化庁主催ガラ・コンサート出演。第5回上毛芸術文化賞・企業メセナ群馬<芸術文化奨励賞>各受賞。イタリア 声楽コンコルソ・日伊声楽コンコルソ・奏楽堂日本歌曲コンクール各入選。第1回ロシア声楽コンクール・プロフェッショナル部門第1位受賞。昨冬、 ヨーロッパ6カ国22都市を2カ月で巡る楽旅に出かけ、夫・松原聡とのリサイタルを3回開催したほか、イタリア・リカータ劇場でのオペラ『蝶々夫 人』スズキ役デビュー、ローマにてオーケストラとの共演で、ヴィヴァルディ作曲「グローリア」ソロなど、いずれも大成功を収める。現在、藤原歌劇団 正団員。http://www.hiromimorota.com/

2016年 第1回 3M音楽祭 ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

3Mパンフレット

3M音楽祭の写真

 3M音楽祭を伺って素晴らしい演奏を聴くことができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
曲をひとつひとつ説明して下さるトリオ・アンファリアの方々の姿にお人柄を感じ、プログラムと演奏が一体となって進んでいく様子がとても新鮮でした。
 また、トリオ・アンファリアの方々の思い出の各国の音楽で思いを馳せることができ、まるで世界中を旅行しているかのようで時間があっという間に過ぎてしまいました。
 今更ながら、生演奏の迫力と音の素晴らしさに感動した1日になりました。ありがとうございました。
 3M音楽祭の次回の開催を今から楽しみにしています。
                          ~ご来場者の感想より引用致しました~